よくあるご相談とその回答

近頃当社へ、独学で、または特優賃制度のスキルのない不動産会社を通して申込・資格審査手続きをされた方から失敗・トラブルなど様々なご相談が増えています。

特優賃の申込・資格審査手続きは、その内容が申込世帯によって様々に変わり、これには特優賃制度の専門知識が無いと間違いや問題が起こりがちです。

手続きを進めて失敗してからでは手遅れです。

特優賃の申込・資格審査手続きは豊富な知識とノウハウを持った、安心・確実な特優賃インフォメーションへお任せ下さい!

特優賃のお部屋探しは特優賃専門会社へ!

紹介された会社の担当に言われるままに特優賃の資格審査書類を提出したが、追加や訂正を何度も求められて時間がかかり入居予定日に間に合わなかった。
申込み前の事前確認が足りなかったのだと思います。
特優賃の資格審査基準や提出書類は世帯によってケースバイケースで変わりますので、私達不動産会社でも相当な経験を積まないと把握出来ません。
当社では申込前にお客様からの詳細なヒアリングの上で、想定される資格審査提出書類を通知致しますので、ほとんどのケースで1回で資格審査を通過しています。
他社でAランクに入ると言われて申込をしたが、特優賃審査の結果Bランクになると言われた。
これも申込み前の事前確認が足りなかったのか、もしくは計算を間違われたのでしょう。
申込前に当社にご相談頂ければ、お客様からの詳細なヒアリングの上で、正確なランク確認やアドバイスも可能だったと思いますが、申込後では手遅れです。
特優賃に入居時はAランクだったのでずっと同じだと思っていたが、翌年Bランクになった。
特優賃は毎年収入基準の確認・書類の提出があり、その際にランクの変動がある場合があります。
それについての詳しい説明がなかったのでしょう。
当社では、ご入居される世帯の将来のランクの移り変わりも想定して物件をご紹介し、またご入居後の手続きやランクに関するご相談もアフターフォローさせて頂きます。
新婚で入居する直前に入籍したが、特優賃を紹介された会社からは何も聞かされていなかったのに、入居2ヵ月後まで補助金が出なかった。
特定優良賃貸住宅は管轄自治体によって少しずつ制度に違いがあります。
このケースでは地域や物件によって、入居当初から補助金が出る場合と出ない場合があります。
当社では管轄自治体ごとの制度の違いも熟知しており、状況に合わせて一番お客様にとって適切な手続き方法をアドバイスさせて頂きます。
申込時には夫婦共働きだったが、特優賃を紹介された会社に「入居までに奥様が退職すればご主人様だけの収入でAランクになります」と言われ、申込をしたが結局夫婦合わせて計算されBランクになってしまった。
これも管轄自治体ごとの違いを把握していなかったのでしょう。
特優賃は物件によって、申込前に退職しなければいけない場合と入居までに退職すれば良い場合があります。
他にも、申込時は少しのタイミングや手続きの進め方の違いで結果が大きく変わる事があります。
当社では、お客様の状況と様々な制度の内容を兼ね合わせて、お客様一人ひとりに合った物件と手続き方法の組み合わせをカスタマイズさせて頂きます。
特優賃を紹介された会社からは「一年後に負担額が上昇する」と聞いていたが、入居した翌月に負担額が上がった。
特優賃は物件によって負担額が上昇する時期が異なります。
その点について把握していなかったのか、ご説明が間違っていたのでしょう。
金額については一番重要な部分です。
当社では、お客様に重要な事項は全て丁寧にご説明させて頂いております。
「このままでは特優賃の入居資格が無いので、入居出来るように書類を用意して上げます」と言われ手続きを任せて入居したが、翌年の更新審査の際に「虚偽の申告」とされ、補助金の返還と退去を命じられた。
これは悪質なケースです。
その会社ではその時入居させる事だけしか考えず、後先かえりみずに不正な行為を行ったのでしょう。
当社では資格審査の内容を熟知しており、特優賃の入居資格の無いお客様がどのようにすれば入居資格を得られるかを、お客様の立場に立って無理の無い方法で考えて詳しくアドバイスさせて頂きますので、まずはご相談下さい。

当社では、安心・確実にご入居頂けるためのサポート面に自信を持っております! ご不明な点やご相談があれば何でもお問い合わせ下さい!