赤ちゃんや小さなお子様にお勧めの「広くて、安い物件」を借りれる方法!!

2016/10/17

こんにちは!特優賃インフォメーションの清水です。

最近は新婚で出産予定のご夫婦がよくご来店されます。

お引越しの理由は、大半が「広くて、安い物件」というご希望です。

それ以外のご希望としまして、「駅から近い」 「子育ての環境がよい」

「便利がよい」 「2階以上」 「全部洋室」 等のような感じで、

でも、現在お住まいの物件よりは「安い」物件じゃないとダメ!!と

難しい条件でいっぱいです。

これから赤ちゃんが産まれてくるので、広いお部屋を用意しないと大変ですよね。

のびのび子育てしたい、でも家賃は抑えたいファミリーは

「1階」 「駅から遠め」 「和室」

がキーポイントです。

まず、「1階」の良さは

走りまわったり、ソファから飛び降りたり、子どもたちは常に動きまわっています。

男の子はもちろん、女の子だってぴょんぴょん体を動かすことは大好き。

でも下の階の人への迷惑を考えると、ついつい怒ってしまいます。

1階なら、いくら子どもが元気に走りまわっても大丈夫。

子どもも楽しいし、お母さんも神経質にならなくていいのも大きなメリットです。

「駅から遠め」の良さは

予算内で広さを重視すると、「駅近」は難しくなります。

でもファミリーならメリットも。駅から遠い地域は一戸建てが多く、

建物が密集して建っていないので、目の前に高い建物がなければ、

日当たりや風通しがよく、子どもには最適。

騒音も少なく、気持ちのいい時間が過ごせます。

最後に「和室」の良さは

「子どもが生まれると、洗濯物がすごく多くなります。

新陳代謝が活発な赤ちゃんは汗っかきで、外遊びもするようになると

洗濯物の山!!

そんなとき、取り込んだ衣類を畳んだりするのに和室があると重宝します。

赤ちゃんのオムツ交換やお昼寝にも重宝します。

またフローリングよりも畳のほうが柔らかで安心です。

歩く練習もするようになるので、子どもはもちろん親もゴロゴロできる畳が

あると便利です。

少し、発想を変えれば良い物件にめぐり合えますので、ご相談下さいね。

-