老人性色素斑

2016/10/17

特優賃インフォメーションの清水です。

最近、朝のひげそり時にしみが気になっております。

調べてみると「老人性色素斑」(ろうじんせいしきそはん)と言うそうです。

日本人では、通常40歳代ぐらいから現れやすく、色白の人やアウトドアで過ごすことが

多い人は20歳代からでも現れるそうです。

治療方法としては皮膚科や美容外科に行って、レーザーでの治療が有効らしいです。

どうしても不動産の営業をしておりますのと、デスクワークよりは日光を浴びる可能性は

高いので、このままにしておくと顔がしみだらけになってしまいそうですね。

この際、知り合いの美容外科でQスイッチルビーレーザーを使ってばっちり焼いてもらうか、

または、腕カバーして日傘を持って紫外線防止クリームを塗りこんで営業にでるか、

ほんのちょっとだけ悩んでおります。

ついでに肝斑(かんぱん)の防止のために、ビタミンC、ビタミンE、トラネキサム酸も

服用して美白を目指そうかなぁ!!

とりあえずは米のとぎ汁で顔でも洗って頑張ります!!

-